2017年都道府県別の通学時事故件数ランキング

自転車の安全利用促進委員会では、新生活シーズンに合わせ、全国都道府県別の中学生・高校生通学時における自転車事故発生件数について調査いたしましたので、ご報告いたします。

今回の調査は、公益財団法人交通事故総合分析センターITARDAから提供を受けた2017年(1月~12月)の事故データを当委員会メンバーでもある公益財団法人自転車駐車場整備センター自転車総合研究所 所長 古倉宗治氏が調査・分析いたしました。

各調査の詳細、及び当委員会メンバー古倉宗治氏のコメントにつきまして詳しくはニュースリリースをご確認ください。
2017年都道府県別の通学時事故件数ランキング.pdf

<調査トピックス>
2017年都道府県別事故件数ランキング 事故増加・減少の特徴は?
●約7割の都道府県で1万人当たりの事故件数が前年比増。
●中学生の1万人当たりの事故件数ワースト1位 佐賀県、2位 群馬県、3位 香川県
●高校生の1万人当たりの事故件数ワースト1位 群馬県、2位 静岡県、3位 山梨県

発生した中高生の自転車事故のうち約2割が加害者に!事故を防止するためのポイントは?
●自転車側が加害者になった事故は中学生:457件、高校生1,646件。
 発生した自転車事故の約2割が自転車側の加害事故。
●加害者の割合(1当割合)ワースト1位は、中学生:新潟県、高校生:兵庫県
●整備不良が加害事故の原因になることも。安全基準を満たしたBAAマーク貼付自転車の購入を!