自転車通学の実態

指導事例

1. 自転車運転免許証の発行

自転車免許発行のための筆記試験&実技試験を自動車学校と共同で開催。自転車も車と同じ車両であることを認識し、責任を持つよう指導している。

自転車運転免許証

実施目的

新学期スタートから間もないタイミングで開催することで、自転車通学・交通法規についての基礎知識の獲得。体験させることでの自分ゴト化を目的に実施。

効果・成果

自転車乗車マナーの向上。意識の改善。

実施内容

実施体制:学校・自動車学校
実施学年:新1年生(約500名)
実施時期:4月下旬 1限目~4限目 ※5班に分け、30分開始時間をずらして実施
実施場所:実技試験:最寄りの自動車学校 筆記試験:学校

自転車運転免許講習会
実技試験(1班30分間)

自動車学校へ移動し、学校内の道路などを使用して試験。試験は1人あたり約2分間、10秒間隔でスタートする。

実技試験の様子
実技試験の様子
試験のコース
試験のコース

自転車運転免許講習会
筆記試験(50分間)

正しいものには○、誤っているものには×をつけて回答。7割正答で合格とし、合格するまで何度も受験する。

筆記試験の問題例

筆記試験の問題例1 Q自転車は、道路の端であればどこを走ってもよい。

筆記試験の問題例2 Q歩行者用路側帯(白色実線が2本)は自転車で通行することはできない。

筆記試験の問題例3 Q自転車で走行中、交差点を右折するときは、車と同じ様に右折してもよい。

筆記試験の問題例4 Q「自転車歩道通行可」の標識がある歩道を走る際、歩行者が前にいて危ないと感じたら、ベルを鳴らして歩行者に注意を促さなければならない。

2. 通学用自転車の一斉点検

毎年4~5月に自転車の整備不良による事故を未然に防止するために自転車通学の生徒の自転車を一斉に点検している。

実施目的

今後長く通学用に使用する自転車の整備不良による事故を未然に防止するため。

効果・成果

整備不良による事故の減少。整備の重要性の理解。

実施内容

実施体制:学校
実施学年:全学年の自転車通学者
実施時期:4月~5月(GW前まで)
実施場所:校庭

自転車点検実施内容

自転車のライトをつけて時速10キロで走行する。15メートルのところでブレーキをかけ、2メートルの間で止められるかをテスト。

自転車点検実施内容
停止場所で確認
  • checkライト:前照灯が点灯するか
  • checkブレーキ:制動能力をみる
  • checkカギ:カギが付いているか・二重ロックにしているか
  • checkベル:鳴るか
  • checkステッカー:後輪泥よけに貼っているか

3. 自転車安全マップの活用・安全な通学路の推奨

学校周辺の事故の多いエリアを把握し、交通安全マップを作成。通学路が複数ある場合はより安全なルートを“推奨ルート”とすることで事故を未然に防いでいる。

実施目的

事故の多いエリアを知ることで事故を未然に防ぐこと。また、通学路が複数ある場合は「推奨ルート」を一つ決めることで、効率的に安全指導しやすい環境を作っている。

効果・成果

比較的安全な道を推奨ルートとすることで、事故が減少。
また、車からの視点を知ることにより、一時停止などを遂行する生徒の増加。

交通安全マップ

安全ルート

和田橋

和田橋(一年生は上流側)

歩道橋は自転車を降りて渡ろう

歩道を走行するときは、歩行者優先です。並列走行はやめよう。

ガソリンスタンド前

ガソリンスタンド前

スピードを落とそう!

右側にある建物が視界を遮り、右側から来る歩行者や自転車が見えず、衝突してしまう可能性があります。

校門前

校門前

飛び出し注意!

高校の校門前は、車と自転車との交通量が多く、事故が起こりやすいです。一時停止をして、車が来ていないのを確認してから渡りましょう。

4. 自転車事故公判 模擬裁判

地方裁判所の裁判官に協力いただき、生徒たちに自分自身が加害者になる自転車事故があることを気づかせることに成功。

実施目的

なかなか加害者意識を持ちにくい生徒に対して、裁判のリアルな雰囲気を通して、自転車も車両であり、人の命を奪いかねないことを訴求するために実施。

効果・成果

実感値ではあるが、生徒の無謀な運転が減少。

実施体制

地方裁判所裁判官・事務担当者他(弁護士協会からの弁護士派遣の実績も有)

実施までのステップ

公判イメージ
  • 1地方裁判所・弁護士会への協力依頼。 事務担当者協力のもとプログラム・模擬裁判の判例選定・台本作りを実施。
  • 2開催日時の決定。模擬裁判への出廷者選定(教諭もしくは生徒)、事前に内容の打ち合わせを実施。
  • 3当日プログラム / 2時間(自転車事故の判例説明・模擬裁判・裁判員制度などについて紹介)。
  • 4生徒へのアンケート・感想文を実施。
POINT
  • ・生徒に加害者意識を与えるための、リアルな環境作り
  • ・人気の教諭や生徒等、校内でも知名度の高い人物を加害者役・被害者役に指定