自転車の社会問題

自転車ブームの動向とゆくえ

多彩な用途の広がりを見せる自転車

自転車の利用は近年、多彩な広がりを見せています。震災時の自転車の活躍や節電意識の向上、また健康意識の高まりなどを受けて、自転車通勤がブームに。趣味の領域では、長い距離を走ったり街を自転車でぶらぶらと散歩する「ポタリング」が流行しています。また流通業での自転車利用やレンタサイクルなど、自転車の活用方法も広がっています。

  • 電車の距離も自転車で
    「ツーキニスト」増加
    5分、10分の近距離だけでなく、30~40分の道のりを自転車で通勤する人が増加。機動力のあるスポーツタイプが好まれる。
  • 自転車で散歩を楽しむ
    ポタリングがブーム
    自転車で気ままに街をぶらつくポタリング。観光地でもレンタサイクルを借りてポタリングを楽しむ人も多い。
  • 流通では小回りがきく
    自転車便が人気
    荷物や信書を自転車で配達する自転車便は、渋滞や交通規制の影響を受けにくい機動性が売り。宅配便も自転車の活用を始めている。
  • 都市部でも
    レンタサイクル普及の試み
    都市部の渋滞や放置自転車対策として「サイクルシェアリング」の概念が提唱されている。鉄道駅などを起点に次々設置されている。

スポーツタイプや電動アシスト自転車の増加が顕著に

自転車は大別すると一般用自転車、幼児用自転車、特殊自転車に分類されます。

最近は電動アシスト自転車やスポーツタイプの自転車の販売台数の増加が顕著です〔下記資料参照〕。電動アシスト自転車は坂道利用や脚力の弱い女性や高齢者でも快適に利用でき、スポーツタイプはスピードや快適性・ファッション性から選ばれています。いずれも自転車をいっそう快適に利用したいという要求のあらわれといえるでしょう。

安全安心で快適な自転車利用には、まだ課題も多い

多彩な用途で利用が拡大している自転車ですが、利用環境という面では、日本はまだまだ課題がたくさんあります〔下記資料参照〕。日本では、自転車専用レーンの整備が不十分なため、車道では路上駐車など自転車が走行しにくい状況になっており、一方、歩道走行では歩行者と接触事故を起こす危険があります。また、放置自転車など、地域の環境を悪化させている問題もあります。


出典:国土交通省道路局「自転車をとりまく話題(参考)」を基に作成

国では自転車通行環境の整備を進めているがまだ途上

国は歩行者と自転車の分離を図って、全国98箇所を自転車通行環境整備のモデル地区に指定。自転車通行環境整備の課題の把握や対応策の検討を行ってきました。

結果、2010年度末には、自転車しか通ってはいけない「自転車道」、車道の一番左側にレーンを設けた「自転車レーン(自転車専用通行帯)」、「自転車歩行者道内に設けたペイントレーン」は計画のおよそ8割(約345km)の整備を実現しました。しかし、自転車の走行環境が整備された区間でも歩道を走行する自転車が多く見られ、整備された空間が適切に利用されるための方策が課題として残りました。

日本における自転車道の整備状況は、自転車先進国であるオランダやドイツと比べるとまだまだ途上です〔上記資料参照〕。国土交通省では、2012年に「安全で快適な自転車利用環境創出ガイドライン」を作成し、いっそうの自転車の走行環境の改善施策を進めています。