船橋法典高等学校で全校生徒696名を対象に交通安全教室を実施。

自転車のルール・マナー等の正しい利用方法と、メンテナンスの重要性を啓発する「自転車の安全利用促進委員会」と「一般社団法人自転車協会」は、2017年12月20日(水)に全校生徒696名中約7割の生徒が自転車通学をしている千葉県立船橋法典高等学校にて、交通安全教室を開催しましたので、ご報告いたします。

冬休みを前に、学生による自転車事故が相次いで発生しています。12月は日の入りが早く、交通量も増えることから、最も多く交通事故が発生する時期であるため、他の時期よりも注意して自転車を運転することが必要です。今回は冬休みを前に、自転車の安全利用促進委員会メンバーである遠藤まさ子氏が加害者・被害者にもならないためのポイントや整備の重要性、安全な自転車の選び方について講演しました。

詳細については下記のリリースをご覧ください。
船橋法典高等学校で全校生徒696名を対象に交通安全教室を実施.pdf