2018年 自転車の都道府県別の通学時事故件数ランキング

自転車の安全利用促進委員会では、新生活シーズンに合わせ、全国都道府県別の中学生・高校生の通学時における自転車事故発生件数について調査・分析いたしましたので、ご報告いたします。
今回の調査は、公益財団法人交通事故総合分析センターITARDAから提供を受けた2018年(1月~12月)の事故データを当委員会メンバーである公益財団法人自転車駐車場整備センター自転車総合研究所 所長 古倉宗治氏が調査・分析いたしました。今回の調査のうち、都道府県別の中高生の自転車通学時の事故件数については、2016年(2014年分データ)から毎年継続して行っており、今年で5年目になります。

各調査の詳細、及び当委員会メンバー古倉宗治氏のコメントにつきまして詳しくはニュースリリースをご確認ください。
2018年 自転車の都道府県別の通学時事故件数ランキング

<調査トピックス>
2018年都道府県別事故件数ランキング
●中学生の1万人当たりの事故件数ワースト1位 群馬県、2位 佐賀県、3位 香川県
●高校生の1万人当たりの事故件数ワースト1位 群馬県、2位 静岡県、3位 山梨県

約7割の都道府県で中学生・高校生ともに1年生の事故が最も多い!事故防止のポイントは?
●学年別事故件数の差ランキング 1年生だけ突出して多い県もあるので要注意
●通学時の事故全体の約2割が自転車側の加害事故。前年データより微増。
●新学期に向けて安全な自転車選びのポイントは。